熊本ごはん組

2人の先輩農家からそれぞれ「これが効くばい」と勧められた2種類の肥料があったとしたら、あなたならどうやって判断していますか?

肥料を入れる人、全く入れない人。深く耕す人、浅く耕す人。様々な農法や資材が溢れる中。自分の想いや環境、田んぼにあったものは何か。それを判断するためには、土の状態がどうなっていて、どんな効果を期待されるどんな栄養素が必要なのか、稲生育の「理屈」を理解していることが大切です。

米の収量に直結するでんぷんは何からできている?病気に強い稲に必要なものは?米の甘みとは?自分の田んぼの土壌分析結果は?pHが高いと何が起きる?低いとどうなる?稲の根が赤いのはなぜ?

米づくりで高品質&多収穫を両立する「理屈」とは。BLOF理論を基本とした科学的知識を身につけ、参加者の田んぼに活かす力をつける勉強会です。「なぜ?」までを深く理解した基礎が学べる全5回講座。

講師:厨子圭介
『厨子農園』代表。佐賀大学にて腐植や土壌の研究にも
情熱を注いでおり、農業技術勉強会『あおはす』
代表・講師、熊本県有機農業研究会青年部の部長。

受講料:無料 (キリン絆プロジェクトの支援により運営されています)

日程:
2017年12月17日
2018年1月21日、2月18日、3月18日、4月15日

時間:15時〜18時

会場:12月は大津町生涯学習センター(大津町引水62)中会議室。1月以降は申込者にメールでお知らせします。

申込:以下フォームに必要事項を入力し送信してください。
https://docs.google.com/forms/d/1BqvebTs1XQBh-aA13fBkz5CEHMvj9CsPmjysLhhdK_Y/edit

定員:40名

主催:熊本ごはん組

勉強会後は同会場にて交流会を兼ねた運営会議を開催します。18時〜20時を予定。

Account
Please wait, authorizing ...
×
Under image8
© 2017 熊本ごはん組 All Rights Reserved. Designed By DELTA WORKS